北米などにある優良企業で働く選択肢

昨今では、優良企業で働きたいと思う方々も多く見られます。特に国内企業でなく、海外に拠点を構える会社に関心を抱く方々も、増加傾向にあるのです。例えば、北米やアジアなどが挙げられます。もちろんそれらの国々は、様々な企業が立地している訳ですが、中には将来性が期待できる会社も存在する訳です。

もしも現在の会社に不満がある時には、そういう企業に着目する選択肢もあるでしょう。つまり、北米企業などに転職する選択肢です。確かに現在の会社で、ちょっと頑張ってみるやり方もあるでしょう。しかし現時点での会社は、必ずしも将来性が見込めないこともあります。

それよりは、むしろアジアや北米などの会社で働く方が、将来の自分にとってプラスになるケースもある訳です。それを考えると、他の会社という選択肢も悪くないですね。ちなみに一部の会社などは、徹底取材が行われているケースもあります。そういう情報は、非常に有益な事も多いので、サイトなどで一読してみると良いでしょう。

 

看護師が転職するならどのサイトがいいのでしょうか?

数と質と定着率が定評なんですって。

この前、転職に首尾よく成功した我が友人。別に転職のために何か用意したとか、資格をとったということもありません。それでも、転職に時間はかからなかったし、費用はまさかのゼロ。友人曰く、「“マイナビ看護師”を紹介してもらえたからだと思う」でした。彼女は転職にあたり、先輩看護師さんからそのサイトを紹介してもらったのですがこれが大当たりだったそうなんです。どういう点が? 興味があったので聞いてきました。

・登録、活動に時間もお金もかからない
・各地の医療機関、施設に精通した キャリアコンサルタントが担当としてついてくれて、
登録して希望条件を伝えるだけで求人情報を教えてくれる
・こだわりの求人数と質で、看護師さんのその病院への定着率に重点をおいている

特徴はこれらの点だそうですが、パッと見ただけでは分かりにくいのは3つめですよね。求人数と質にこだわって、定着率が大事というのはどういうことでしょう? 友人に聞いてみると、まず数については、マイナビという人材関連ビジネスを活かしての情報収集。質については、コンサルタントがその足で担当エリアに向かい、 施設を見学して現場スタッフに取材・ヒアリングをしての確認。

定着率については、看護職員の定着率が著しく低い医療機関は紹介しないという信念。これらにこだわった求人情報を紹介してくれるんですって。3つめの話を詳しく聞いていて、その熱意にビックリしました。数と質と定着率か~。その観点、どんな職業でも転職の時は大事かもしれませんね。

 

短期間で決める!~希望条件で妥協しない看護師転職~

この前、面白い噂を耳にしました。その人は大きな病院で看護師をしていたらしいのですが、ライフスタイルやスキルアップを考えて転職を決めたのです。その転職にかかった時間が、なんと二週間足らず!これ、すごい数字じゃないですか?始めて私がその噂を聞いた時、「ああ、じゃあその人がよほど優秀な人だったんだわ」「ていうか、その人だけでしょ」と思ったのですが…。

その人が利用したという、看護師専門の転職支援サイトマイナビ看護師を見ると、二週間というのはまだまだ序の口で、それ以上の事実があるということを知ったのでした。なんとそこでは、一週間で転職に成功した人の体験談が紹介されていたのです!い、一週間…。転職ってもっと時間がかかって苦労するイメージだったけどなぁ~。

そこを詳しく見たのですが、私個人は
①サイトに登録し、電話やメールで専門のコンサルタントに転職の意思と条件を伝えたら、その翌日に試料が自宅に届いた。
②コンサルタントに、各病院の説明を詳しくしてもらえ、また推薦状を用意してもらえるケースもあった。
③選考結果の通知や面接への同行もしてもらえた。④過去の面接の傾向と対策も充実しているという点が特にすごいという印象を持ちました。

最初思った、「その人だけだ、その人が優秀だったからだ」というのも恐らく間違いではないですがサポートが厚かったのも、一週間転職を可能にした大きな理由だということを実感したのでした。

 

転職を希望するナースのために役立つこと

現在は病院で職員として勤務を続けているナースや、以前は勤務をしていましたが、結婚などを切っ掛けとして休職をしている状態のナースの場合でも、新しい職場を求めて転職活動を行うためには、情報を得るために役立つ内容があります。一般的には、転職先を探すための行動としては、公共機関である職業を紹介する施設を利用する方法があります。公共機関の場合では、全てを無料で利用することができ、毎日のように新しい求人が入ることもあり、常に最新の情報を得ることができます。他には求人雑誌として販売されているものを利用する方法があります。求人雑誌の場合では、居住している地域ごとに発行されているものが殆どなので、地元に根付いた転職活動を行うことができます。

また、現在ではインターネットが普及したことによって、ネット上にも便利なサイトが存在しています。特に職業別で考えた場合では、ナースではたらこで転職のような看護師を専門として就職先を幅広く紹介しているサイトがいくつも用意されているので、非常に便利に利用することができます。サイトの利用方法に関しては、希望する勤務地を選択したり、働く上での立場を選択することもできます。

立場とは、例えば正職員での勤務を希望したり、派遣として仕事を行うことを希望したり、パートでの勤務でも検索することができます。また、ナース特有の条件としては、日勤のみの勤務を希望したり、夜勤のみの勤務を希望するなど、就業するためのスタイルを自由に選択することもできます。ネットを利用する場合では、中にはカウンセリングを行うサービスを展開している企業も存在しています。

 

看護のお仕事とナース人材バンクを大公開

看護のお仕事とナース人材バンクが人気を博しています。あまりの人気の高まりにより、関係者たちは、喜びの声をあげているとされています。元々、看護師になりたいと思っていた人から、看護師には興味を持っていなかったという人までをも巻き込んだ人気になっているとされています。今般の日本においては、高齢者社会の到来により、医療従事者の人手不足が深刻化しています。

医師や看護師などにおいても、対策はしているものの、満足な結果が得られない状況に陥っているといえます。そんな中で、看護のお仕事とナース人材バンクは、脚光を浴びる存在になっているといえます。実際に、それがきっかけになり、看護師になり、実際の医療現場に就職ができたという人もいます。

本人も就職できて嬉しい限りといえますが、医療機関としては、人手が確保できたという点では、これ以上のことはないといえます。今般のインターネット社会の到来により、自宅にいながらにして、いろいろな情報を簡単に入手できるようになってきました。大変に利便性に富んだ時代になったということができます。看護の仕事についても、ネットで見ることができます。口コミ情報サイトやランキングサイトも大いに参考になるといわれています。